スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松本人志監督作品がカンヌへ…北野監督と“競演”

すごいですねこれ。
どんな映画かまだ確認していますが、きっと注目作なのでしょう。
松本さん自体が独特のものをお持ちですしね。

まっちゃんというと、どうしても夜中にやっていた、
大仏さまを思い出してしまいます笑

松本人志監督作品がカンヌへ…北野監督と“競演”
5月2日17時0分配信 夕刊フジ


 ダウンタウンの松本人志(43)が初監督、主演など4役をこなす映画「大日本人」(6月2日公開)が16日開幕するカンヌ国際映画祭の監督週間部門に招待されることが2日までに分かった。

 60回の節目を迎える映画祭では記念企画として、北野武監督(60)の短編作品が上映される予定で、日本のお笑い2大巨頭によるガチンコバトルも、注目されそうだ。

 松本は出品について、「どうなんですかね。カンヌと言われても正直、まだピンとは来てないのですが、とにかく僕の映画を認めたカンヌは僕も認めます(笑)」などとコメントしている。

 ベテラン映画ジャーナリストからは、「北野作品は、死を象徴的に描き独特の色づかいが“キタノブルー”と世界で評価されてきた。お笑いの世界では、玄人ウケするシュールな笑いが持ち味の松本がどう見られるか興味津々」という声もあがっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000000-ykf-ent
スポンサーサイト
  1. 2007/05/03(木) 16:20:14|
  2. 映画情報

GWに一気に観たいDVDランキング

あーわかるわかる。
「黒澤明作品。たまにいっきに見たくなる」(中高校生/男性/埼玉県)若いのにしぶいねぇ。


GWに一気に観たいDVDランキング
4月29日12時0分配信 オリコン


 新入生も新入社員も、手軽に共通の話題を見つけるならまずテレビか映画の話。特にシリーズものの人気作品は、長期の休みでもなければ一気に観ることが難しいだけに、ハマればおいしいが、ついていけない時の疎外感はかなりのもの。ゴールデンウィークはそんな遅れをとりもどすチャンスなだけに、シリーズものDVDの需要が高まるシーズン。ORICON STYLEで行った「ゴールデンウィークに一気に観たいシリーズものDVD」というアンケート調査、回答の方もそんな意識をストレートに反映した結果となった。


 ここ数年のトレンドはなんといっても『24』や『LOST』に代表されるサスペンス性とスピード感に溢れる海外のドラマシリーズだが、「『24』。いい加減見なきゃと思いつつ見ていないから」(20代社会人/男性/大阪府)、「『24』。周りの話についてゆけない」(30代/男性/東京都)、「『4400』。面白いと、同僚に聞いたから」(40代/男性/千葉県)といった、遅れ挽回派のちょっと切迫した意見が目立つのはやはり仕方ないのか。

 我が道をいく派として「黒澤明作品。たまにいっきに見たくなる」(中高校生/男性/埼玉県)、「『男はつらいよ』。見直したい、ゆっくりと」(40代/男性/神奈川県)といった往年の映画ファン的スタンスも見受けられる一方、「韓国ドラマ。長いから」(女性/専門・大学生/宮城県)、「『冬のソナタ』。溜まってるから」(30代/女性/三重県)、「『美しき日々』。録画したまま、たまってる」(30代/女性/京都府)といった韓流好きのシンプルな意見がイイ。「溜まってるから」は秀逸。

 『木更津キャッツアイ』『DEATH NOTE』といったドラマ/邦画シリーズも予想通り健闘。アニメのシリーズものを狙っている層も多い。どちらにしても、遅れをとりもどすならレンタル店、ショップに早めに足を運んだ方がいいのは言うまでもない。しかし、こんな時期こそ、普段話題にのぼることの少ない隠れた名作を、自分なりに発掘する楽しみもあるのでは?

(2007年4月20日~4月24日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、合計1,000人にインターネット調査したもの)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000024-oric-ent
  1. 2007/04/30(月) 09:40:12|
  2. 映画情報

リチャード・ギアに逮捕状…「公衆キス」が社会問題に発展

インドでの話なんですね。
アメリカかと思ってびっくりしました笑


リチャード・ギアに逮捕状…「公衆キス」が社会問題に発展
4月27日8時2分配信 サンケイスポーツ


 インド北部ジャイプールの裁判所は26日、米俳優、リチャード・ギア(57)がインドの人気女優、シルパ・シェティ(31)に公衆の面前でキスしたのはわいせつ容疑に当たるとして、ギアに逮捕状を出した。

 ギアは15日、ニューデリーで行われたエイズ撲滅イベントに参加。同席したシェティを抱擁し、ほおにキスするなどした。

 インドでは人前での過度の愛情表現はタブー視されており、ヒンズー至上主義政党のメンバーや保守的な市民らが「インド文化や女性を侮辱するものだ」と非難し、2人を模した人形が焼かれるなどの社会問題に発展。ジャイプールの弁護士が告発していた。

 裁判所判事は、ギアがキスしたビデオを見た上で「非常に性的でエロチック。下品さの限界を超え、社会を堕落させる傾向を持つ」と判断した。

 “被害者”でもあるシェティについても、態度が協力的でキスを拒否しなかったとして共犯者とみなし、ムンバイの裁判所への出頭を命じた。インドの法律では、わいせつ罪は最高3カ月の懲役または罰金刑となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000009-sanspo-ent
  1. 2007/04/27(金) 11:45:51|
  2. 映画情報

「スター・ウォーズ」30周年記念の決定版メイキング本!

スターウォーズのメイキング本。
確かに英語じゃ辛いけど、未発表の図版もあるということだから、スターウォーズファンはぜひ押さえておきたい一冊だろう。

スターウォーズ30周年記念本「The Definitive Story Behind the Original Film」はこちらでご覧ください。

監督 ジョージ・ルーカス
出演者 マーク・ハミル 、ハリソン・フォード 、キャリー・フィッシャー 、アレック・ギネス 、ピーター・カッシング 、アンソニー・ダニエルズ


「スター・ウォーズ」30周年記念の決定版メイキング本!
4月24日23時31分配信 eiga.com


 ジョージ・ルーカス監督をはじめとする「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」のキャストとスタッフが集められ、4月23日、米アカデミー協会内ゴールドウィン・シアターで、同映画30周年を記念した特別上映会が行われた。同時に、全米で4月24日に発売されたJ・W・リンズラーが著した豪華本「The Making of Star Wars」(ルーカス・フィルム責任編集)のPRイベントも開催された。

 「The Definitive Story Behind the Original Film」という副題がついたこの本は、「スター・ウォーズ」製作の裏側がつぶさに分かるまさに“決定版”。大判372ページにこれまで未発表だった図版も数多く載ったハードカバー本だ。この映画とともに飛躍的な進歩を遂げた視覚効果の、77年当時の技術面の実状が明らかになると同時に、ルーカス自らが描いたXウィング、タイファイター、デススターのデッサンなどもあり、御大ルーカスこそがまぎれもなく“発想の原点”だったと驚かされる。

 英語が堪能でなくとも、パラパラとながめるだけであの感動と興奮が甦る、豪華図版本だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070424-00000001-eiga-movi

スターウォーズ30周年記念本「The Definitive Story Behind the Original Film」はこちらでご覧ください。
  1. 2007/04/25(水) 09:18:43|
  2. 映画情報

英国航空、007映画からR・ブランソン氏出演シーンをカット!

いくらなんでも・・・
正直社長を見分けられる人なんてそんなにいないんじゃないですかね。

「007/カジノ・ロワイヤル」出演者は以下の方々

ダニエル・クレイグ 、エヴァ・グリーン 、マッツ・ミケルセン 、ジュディ・デンチ 、ジェフリー・ライト 、ジャンカルロ・ジャンニーニ 、サイモン・アブカリアン 、カテリーナ・ムリーノ 、イワナ・ミルセヴィッチ 、セバスチャン・フォーカン 、イェスパー・クリステンセン 、クラウディオ・サンタマリア 、イザック・ド・バンコレ

監督 マーティン・キャンベル
製作総指揮 アンソニー・ウェイ 、カラム・マクドゥガル
原作 イアン・フレミング
脚本 ニール・パーヴィス 、ロバート・ウェイド 、ポール・ハギス
音楽 デヴィッド・アーノルド



英国航空、007映画からR・ブランソン氏出演シーンをカット!
4月24日23時31分配信 eiga.com


 英国航空(BA)が、機内で上映されるジェームズ・ボンド映画「007/カジノ・ロワイヤル」から、英国内のライバル航空会社であるヴァージンアトランティック航空(VA)のリチャード・ブランソン会長が出演している場面をカットした。4月21日、英国航空広報が発表したもので、それはマイアミ空港でブランソン氏が荷物を金属探知機にくぐらせているわずか数秒の場面のこと。また、 VAのシンボルマークがある尾翼が映し出される場面も同様にカットする模様。

 「007/カジノ・ロワイヤル」はVAよりロケ地移動用のジェット機を用意してもらったことから、ブランソン氏のカメオ出演が決まった経緯がある。世界を飛び回り、スーパーカーに乗り、高級なスーツを着て、高級なシャンパンを飲むジェームズ・ボンド映画は、こうしたタイアップが映画の生命線なのだ。

 英国航空広報はカットした理由を「会社の方針」だと説明しているが、ヴァージン航空広報は、カットしたことについて「BAがフィーチャーされた『007/ダイ・アナザー・デイ』の時、われわれは映画に一切の変更を加えていない」と声明。両者の確執がどこまで続くか分からないが、このニュースによって両社の知名度がアップしたことは間違いない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070424-00000008-eiga-movi
  1. 2007/04/25(水) 09:03:44|
  2. 映画情報
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。