スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

:「島耕作」ついに専務に 「花男」の神尾の新作「キャットストリート」

島耕作もついに専務ですか。
時はながれているのですね。

次はいつ「社長 島耕作」が出るのでしょうか?

今週の新刊:「島耕作」ついに専務に 「花男」の神尾の新作「キャットストリート」も(4月22~28日)
4月22日12時0分配信 毎日新聞 まんたんウェブ


 新刊コミックス情報をお伝えする「今週の新刊」。22~28日に発売される主なコミックスは204タイトル。今週は、「専務 島耕作」(弘兼憲史、モーニングKC)や「ボーイズ・オン・ザ・ラン」(花沢健吾、ビッグコミックス)「岳」(石塚真一、同)など青年コミックスの人気作が多数並んだ。


 23日は「モーニングKC」、「イブニングKC」、「アフタヌーンKC」の講談社の青年誌系が一斉発売。「専務 島耕作」1巻(モーニングKC)はついに専務になった島耕作が、新たなアジアでのビジネスに挑む新シリーズだ。「イブニング」で連載中の「ヤング島耕作 主任編」(イブニングKC)1巻も登場し、“理想のサラリーマン”の現在と過去が語られる。石原さとみさん主演でドラマ化された「Ns’あおい」(こしのりょう、モーニングKC)13巻、東山紀之さん主演で2度目のテレビドラマが放送中の「喰いタン」8巻(寺沢大介、イブニングKC)も注目だ。

 一方の小学館ビッグコミックスは27日発売。山岳マンガ「岳」4巻は、日本アルプスで一人、救助活動のボランティアを行う島崎三歩の姿を通じて、山の魅力と怖さを描く連作集で、そのリアルな描写が話題となっている。サラリーマンの泥臭い日常を描いた「ボーイズ・オン・ザ・ラン」6巻も登場。高橋留美子さんのラブコメの名作「めぞん一刻」新装版1~3巻は、伊東美咲さん主演でドラマ化が決定しており、改めて読み返したい1作だ。

 そのほかでは、神尾葉子さんの最新作「キャットストリート」7巻(マーガレットコミックス)。セレブと庶民の恋愛を描いた「花より男子」から一転、引きこもりの少女がフリースクールに入学し、成長していく姿を描く意欲作だ。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/22(日) 20:05:52|
  2. アニメ情報

愛ちゃんアニメで復活

私はずっと見ていませんでした。愛ちゃん。
アニメに出るんですね。声優と歌で。
また、以前のように活躍してほしいですね。


前田愛“チャイドル”から脱皮-映画の声優を務め大きく成長
4月14日8時1分配信 サンケイスポーツ


 女優の前田愛(23)が主人公キノ役の声優を務めたアニメ映画「劇場版 キノの旅 病気の国-For You-」(中村隆太郎監督)が21日から公開される。

 人間キノと言葉を話す二輪車エルメスの旅を描いた、時雨沢恵一さんの同名小説の映画化第2弾。平成15年4月にWOWOWで放送された、同作のテレビアニメで声優デビューを飾った前田にとっては思い入れの深い作品で「これだけ長い間一つの作品に関われるのはうれしいですね。私のライフワークになりつつある」と笑顔を見せた。

 最初は「手探りだった」というアフレコも、今では「間の取り方などがだんだんと分かるようになってきた」と大きく成長。しっかりとした受け答えが“チャイドル”から脱皮し、すっかり大人の女性になったことを感じさせた。

 劇場では、同作とともにアニメ「灼眼のシャナ」「いぬかみっ!」も同時上映される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070414-00000008-sanspo-ent

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

  1. 2007/04/14(土) 09:43:07|
  2. アニメ情報

世界的歌姫、ポケモンに挑戦

世界的歌姫、サラ・ブライトマンさんが今度の劇場版ポケットモンスターの主題歌を歌うそうです。

しかも着うたまで出す。

日本でもサラに人気が出るでしょう(マネしました笑)

子供たちがステキな歌声を聴いて、歌の良し悪しが理解できるようになるっていいことですね。



真っ「サラ」な歌声 ポケモン彩る
4月14日8時1分配信 スポーツ報知


 世界的な人気を誇る英ソプラノ歌手サラ・ブライトマン(46)が、アニメ映画「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」(7月14日公開)の主題歌を歌うことが13日、分かった。日本の映画主題歌は初めてだが、欧州でもポケモンが大人気となっていることから快諾。10周年を迎えるポケモン映画の記念作品を豪華に彩ることになった。

 シングル「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」が全世界で1500万枚を売り上げた世界的歌姫が、日本のピカチュウに大きなプレゼントを届けた。

 サラが映画主題歌として提供したのはニューアルバム(秋以降発売)用にレコーディングしていた「Be With You~いつもそばに~」。天にも昇るような美しいソプラノボイスが響き渡る壮大なバラード曲が、ポケモン映画の10周年記念作品を豪華に彩ることになった。

 サラにとっては、アニメどころか日本映画の主題歌自体初めて。10周年を飾るにふさわしい大物ということで、映画の久保雅一エグゼクティブ・プロデューサーが依頼したところ、サラのプロデューサーのフランク・ピーターソン氏は「欧州でもポケモンは大人気。日本の子供たちにサラの歌声が届くのは素晴らしいこと」として快諾。レコーディングした曲の中から最も映画にふさわしいものとして同曲が届いた。

 任天堂のゲームソフトとして誕生したポケモンは、海外でもゲームばかりでなく、テレビや映画が大ヒット。映画第1弾は今も日本映画の海外興行成績の歴代1位記録を保持している。日本でも過去9作の通算で3855万人動員・興収415億円を記録しているが、10作目となる今作から「ダイヤモンド・パール」という新シリーズがスタート。新たな節目にサラが参加したことについて、久保氏も「期待以上の素晴らしい声、楽曲で感激しています。サラさんの歌声と共に国境を超えて世界中の子供たちに楽しんでもらえることを願っています」と大喜びしている。

 なお同曲は6月に「着うた」などで配信。7月11日にシングルとして発売される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070414-00000073-sph-ent

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

  1. 2007/04/14(土) 09:41:06|
  2. アニメ情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。