スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

田中律子デビュー20年目で連ドラ初主演

夏の午後ドラの主演に田中律子さん。

ママのママ役。どうなるでしょうか?

田中律子デビュー20年目で連ドラ初主演
4月23日9時58分配信 日刊スポーツ


 女優田中律子(35)がデビュー20年目で初めて連続ドラマに主演する。中部日本放送制作のTBS系ドラマ「こどもの事情」(7月2日スタート、月~金曜午後1時30分)で、格差社会に懸命に立ち向かう主婦、小田真利を演じる。脱サラしてラーメン店を営む夫正樹役は柳沢慎吾(45)。95年のドラマ「味いちもんめ」以来のコンビを組む。
 厚労省の平成17年国民生活基礎調査によると、1世帯の平均年収は500万円台。しかも、平均以下の世帯が多数を占めているという。今作では経済力の違う2つの家庭を対比させ、親子のきずなの大切さ、現代の幸せとは何かを描く。
 実生活で97年に結婚し、8歳の女児を持つ田中は「結婚、出産、幼稚園受験などを経験した今だからできる役だと感じています。オンとオフを区別して過酷といわれる昼ドラの撮影を乗り切りたい」。共演は中島宏海、デビット伊東、橋本甜歌ら。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000040-nks-ent
スポンサーサイト
  1. 2007/04/23(月) 14:02:27|
  2. テレビ新作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。