スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

井上真央「次は妖怪の設定で!」

真央ちゃんの妖怪役かわいいんでしょうね。


井上真央「次は妖怪の設定で!」
4月29日8時1分配信 スポーツ報知


 ゴールデンウイーク公開の先陣を切って、映画「ゲゲゲの鬼太郎」(本木克英監督)が28日、全国342スクリーンで封切られ、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで舞台あいさつが行われた。

 水木しげるさん原作の国民的人気漫画の実写化。鬼太郎役のウエンツ瑛士(21)は「昨日は不安でしょうがなかった。タクシーで帰るとき、月を見たらゲゲゲ(の映画)と同じ形で、雲も幻想的で、それを見た瞬間、堂々と自信を持って見てもらうのはいいことと思った。タクシーの運転手さんも『明日、ゲゲゲ見ますよ』と言ってくれて泣きそうでした」と話した。

 女子高生役の井上真央(20)は「2があるなら実は妖怪だったという設定に」とシリーズ化と妖怪役をダブルで熱望。砂かけ婆役の室井滋(46)は「私はほとんどメークしなかった。きょうのほうが(メークの)時間がかかった」と話し「次回は、子なき爺(間寛平)との若いころのラブストーリーがやりたい。ミニスカートで」と、こちらも次回作をリクエストした。

 配給の松竹では、昨年公開の「妖怪大戦争」(興収20億円)の150%の観客動員を記録したことから「30億円超えは見えた。大当たりすれば、続編もあり得る」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070429-00000066-sph-ent
スポンサーサイト
  1. 2007/04/29(日) 11:05:38|
  2. 映画新作
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。